Tシャツプリント オリジナルTシャツのP-ARTが送るサイズ選びの豆知識!

オリジナルTシャツプリント ピーアート ピーアート 会社概要 アクセスマップ

無料お見積り

Tシャツプリント オリジナルTシャツ 神戸市・三ノ宮 実績NO.1!1枚~大量まで、Tシャツ、プリント、ポロシャツ、パーカー等オリジナルウェア制作します。

豆知識⑫ 早見表を見たりTシャツを採寸して自分に合うサイズを選ぶ事が大切

Tシャツの豆知識 記事一覧 >>

Tシャツはドイツで誕生し、下着として多くの人に着られていました。

Tシャツのサイズの選び方は、日本製と海外製では違う事があります。
日本で作られたTシャツは、日本人の体型に合った仕様になっています。日本人の体型に合わせて作られているので、その表示されている通りに買えば、ジャストサイズだったりします。

これが海外で作られたTシャツになりますと、その現地の外国人に合わせた仕様となります。
ドイツやアメリカ製のTシャツは、自分が着ているサイズよりもワンサイズ下のサイズを選ぶといいでしょう。外国人は、日本人よりも体格が大きので、どうしてもサイズが大きくなります。

いつもMサイズを買っている人はSサイズを、Lサイズを買っている人はMサイズを買うといいでしょう。

自分にぴったり過ぎるTシャツは、洗濯をすると縮んでしまう事があり、きつくて入らないという事があります。洗った後の事も考えて、Tシャツのサイズを選ぶ事も大切です。

そのTシャツの採寸の方法があります。
テーブルなどに綺麗に平置きにして採寸します。Tシャツの首から裾までが身丈になります。身幅は、胸囲部分を図ります。自分に合った袖丈の寸法を図る方法は、型の付け根から袖の先までを図りましょう。

このTシャツの寸法によって、Tシャツをぴったりと着たり、ゆったりとラフな感じで着る事ができるように見せる事ができます。

Tシャツを売っているお店には、自分の好みで着る事のできるサイズの早見表を用意しているところもあります。タイトか、ジャストかなどを簡単に調べる事ができるので、利用すると便利です。

Tシャツには、メンズのサイズにSからXXXLまで用意しているお店が多い特徴があります。中には、よりゆったりと着たいという男性の為に、7XLというビッグサイズまで用意しているお店もあります。

ブランドによって、違うサイズがあるのもTシャツの特徴です。同じサイズでも、こちらのブランドはAと表示し、こちらのブランドはMと表示する事があります。
そのお店の特徴を知ってから買う事も重要です。

PAGE TOPへ