TシャツプリントのP-ARTの豆知識!洗濯方法でプリントTシャツを長持ちさせよう!

オリジナルTシャツプリント ピーアート ピーアート 会社概要 アクセスマップ

無料お見積り

Tシャツプリント オリジナルTシャツ 神戸市・三ノ宮 実績NO.1!1枚~大量まで、Tシャツ、プリント、ポロシャツ、パーカー等オリジナルウェア制作します。

豆知識⑥ Tシャツを長持ちさせる洗濯方法

Tシャツの豆知識 記事一覧 >>

お気に入りのTシャツはなるべく長持ちさせたいもの。
だけどよごれてしまったら洗濯しなくてはならず、そのたびによれたり傷ついたりしちゃいませんか?
今回はTシャツの正しい洗い方をお教えしようと思います。

手洗いが一番無難

洗濯表記を確認するのは当たり前として、洗い桶に入れて優しく手洗いをするのが一番安全です。洗濯板を使うとより効率がよく、手間はかかりますが汚れもしっかり落ちます。
特に値段の張ったTシャツは、洗濯ネットにいれるよりこちらのほうがおすすめ。

色あせ防止の方法

洗濯機で洗う場合、裏返しで洗濯すると、色あせがしにくくなります。
特に色の濃いものやプリントが大きいタイプは洗濯機からのダメージで簡単にあせてしまうので、気をつけましょう!
(こちらはまったく苦がないので、癖にしてしまってもいいくらいです)

首元がヨレヨレにならないようにする。

首元がよれてくると非常に不恰好になっちゃいますよね。
これを防止するのは、首元を輪ゴムで縛るか、洗濯ネットを使用するのが無難です。

干す時はハンガーを使わない。

ハンガーは意外とTシャツに負荷をかけやすく型崩れのもとになります。
干すなら、逆さにして洗濯ばさみでとめて干しましょう。
どうしてもハンガーを使いたい場合は、普通にかけるのではなく、二つ折りにしてハンガーバーにタオルを引っ掛けるかんじでかけるといいとおもいます。

日差しには注意!

日差しの強い日に干すと、色あせの原因になります。
裏返して干すか、直射日光を当てないように気をつけてほすと色あせしにくくなります。
それもいやならば、乾燥機に入れたほうが無難です。

まとめていうと、
・洗う時は手洗いか、裏返して洗濯ネットに入れること。
・干す時は、乾燥機が無難だけど、ベランダなどに干すなら直射日光をさけるか裏返して干す事。
・ハンガーにはひっかけず裏返して洗濯ばさみをつかうか、タオルのように引っ掛けて干す事。
この3つを守るだけで随分長持ちします!

PAGE TOPへ