TシャツプリントのP-ARTの豆知識コーナー!Tシャツと長く付き合う扱い方

オリジナルTシャツプリント ピーアート ピーアート 会社概要 アクセスマップ

無料お見積り

Tシャツプリント オリジナルTシャツ 神戸市・三ノ宮 実績NO.1!1枚~大量まで、Tシャツ、プリント、ポロシャツ、パーカー等オリジナルウェア制作します。

豆知識⑨ 長く着たいから・・・優しく扱う

Tシャツの豆知識 記事一覧 >>

Tシャツは気軽に着れたり買えたり、おしゃれやお出かけにも対応できるのと、
また、使い古したものであれば後にパジャマとしても使えるので大好きなアイテムです。
デザインも一般的に気軽に手に入れられるもの、好きな音楽アーティストのツアーグッズだったりブランドものや個性的なものまで幅広いものです。

私は最近、お気に入りの音楽アーティストのツアーTシャツを買うことが多いです。
それは思い出にもなるので大切にしております。
Tシャツとはいえ、それらは毎日着たくないし洗う時も手洗い用の洗剤を使い、型くずれしないよう丁寧に手洗いします。

蛍光剤の入った洗剤は避けております、水にも気をつけなくてはならないのですが、水道水の塩素も色落ちや素材の劣化進行の影響を与えます。低刺激の優しい洗剤を選ぶのが重要でしょう。
手洗いの際の注意として、洗剤を完全に水に溶かしてから洗うと、洗剤がTシャツ全体に均等に行き渡るので、この方法がおすすめです。

また、強い日光や紫外線は人間の肌と同じ様に刺激を与えかねないので細かい部分を気をつけることを忠告致します。
干して乾かす場合は室外に日光に当てるのであれば、ハンガーにキチンと引っ掛けて短時間である程度の水分を飛ばします。
あまり長時間日光に当てるとその後の痛みに良くはないので、室内の湿度の低い場所へ移動させて完全に乾かします。

乾燥機は、一般的によく知られていますので言うのもなんですが、高温で一気に暖めてから乾かすので素材には特に良くありません。乾燥機だけは絶対に避けましょう
私は以前、海外に滞在した時に時間短縮のために乾燥機でTシャツを乾かしてしまったことがあります。Tシャツを乾燥機にかけるなんて、でも仕方がないので一回だけと、乾燥機の中に入れてしまいました。
案の定・・・少し縮み型くずれまでしてしまったのでそれからは二度と行っていません。

これらの点を意識していくことで、極度の色落ちやプリント部分の痛みも守られると思います。

楽しく大好きなTシャツと過ごしましょう。

PAGE TOPへ